Special Contents 2006.12.4 postscript

テーマに沿った写真を中心に、物語を展開します。

一回完結のものもあれば、徐々に追加していくものもあります。
更新日を入れておきますので日にちをおいてまたご覧になってください。

こんなテーマはないのか、といったリクエストをお待ちしています。
よろしく御願いいたします。

林檎と少女(2006.12.23)

アダムとイブの世界での「善悪の知識の木」の実の典型とされる林檎

その朱とボンデージの黒、そして少女の白い肌をモチーフに作品をまとめています。Fetish Roomでのメインテーマの一つです。

2006.12.23 第一ステージ公開
撮影会は大騒ぎ?(2006.12.4)

クリスマスボンデージ第二段

前回の衣装から新たな衣装に着替えハウススタジオでの撮影会となったのですが、どうも藍華(長女)の様子がおかしい・・・・

さあ、どうなることやら・・・・・







聖なる夜に(2006.11.26)

「プレゼントはワ・タ・シ・・・」

こんなセリフをこの衣装に包まれた彼女からささやかれたら、貴方はどう答えますか?
魅惑のクリスマスボンデージの世界にようこそ、貴方はもう逃げることができない・・・











Everyday World(coming soon)

彼女たちは、その美しい裸身をさらすことに抵抗はありません。

そんな彼女たちの日常を、その美しさを引き立てるアクセサリーを身にまとった姿で残してみました。


少女たち(coming soon)

一人でも美しい少女

そんな彼女たちが織りなす蠱惑の世界はきっと貴方を虜にすることでしょう。
このページを開いてはいけない。


Motorcycle(coming soon)

無機質で冷たい心臓を持つバイク、しかしひとたび火がつけば獰猛な野獣と化すそれは少女たちの大胆さにつながるものがある・・

熱い鼓動を内に秘めた少女たちと、造形美の一つであるバイクの対比を堪能してください。


Gun(coming soon)

黒光りする銃身、華奢な少女に不気味なほど似合う

その瞳で見つめられると動けなくなる、まるで心臓をスコープに納められたときのような、目の前で両手に掲げたHandGunで狙われたときのような・・・・
なぜ彼女たちに銃はこれほど似合うのでしょうか?


Copyright (C) 2006 Fetish Room