サンジーの部屋 2009.9.26 postscript


スタンド提供  手仕事のタカヤマ様

サンジーのプライベートルームへようこそ。
ここは小麦色の乙女 サンジーの奔放でちょっとエッチな作品をお披露目するコーナーです。

DDサンジー、それは私にとっては特別なメモリアルDDです。
彼女が生まれたのは2005年7月23日 ロストエンジェルスミーティング2でのことです。残念ながら当時はあまり人気が無くしばらくの間だSRに残っていたといいます。私自身がDDに嵌る遙か以前の話しです。

その後、とある同人中古ショップで彼女を見かけました。
SDに混じって展示されたデフォドレスを着た彼女、その褐色肌と薄衣の踊り子衣装の対比がとても素晴らしく見入ってしまった記憶があります。当時はもちろんDDサイズのドールなど初めて見た私、その大きさと存在感に魅了されましたが、なにぶんにもすぐに手が出せる価格や環境でもなくこんな世界があるんだと思うだけでした。

次に、ボークスで「朝倉音夢 メモリアルウエディング」バージョンの展示を見たのがDDに嵌り始めるきっかけでした。このときもすでに頒布は終了していたので簡単には手に入らない状態でした。

こうしてシェリーをはじめとした私のDD歴が始まったのですが、その原点は結局サンジーということになります。今年になって作り始めたシースルー系のドレスも、サンジーのドレスに影響を受けていることは間違いありません。踊り子という設定も可愛くセクシーで好みです。さらに先人のサンジーユーザーが素晴らしい作品を公開しており、その実力も折り紙付きです。


お迎えに関しては絶対数が少ないのかなかなか機会がなく、また状態が悪かったりで叶いませんでした。ところが今回、用もなく寄ったショップに展示されていた彼女、箱にこそ経年変化があるものの、ドレスもインストも未開封、ボディに至っては新品にあるあのPVCの臭いがする、フェイス保護のビニールも髪(彼女は植毛ヘッドです。)を留めているゴムもそのまま、まさに発売当時のまま大事に保管されていたようなとても状態のよいものでした。
発売からもうすぐ4年、この機会を逃したら次はないと思うとそのまま抱えてのお迎えになりました。


私の中にこうした経緯を持つ彼女、やはりドールとの出会いは運命なのかも・・・、と再認識しました。ちょっとウエットだけど、長いこと眠りについていた姫にようやく会えた、そんな気がします。

ようこそ、サンジー


でわ、お好きな部屋へどうぞ。


踊り子 サンジー:Mid Night 2009.9.26

さらに魅力的なボディを手に入れた彼女、その美しさが一段と映える黒いラインのベルトスーツで今日はデビューです。
踊り子ならではの奔放な姿はとても美しく自然です。どうかゆっくりお楽しみ下さい。

衣装「ベルトスーツ」(自作)

褐色の踊り子天使 降臨 2009.5.24

館の一室に舞い降りた一人の天使、それは波乱の幕開けなのか、それとも至福のひとときか?
シルバーブロンドと薄衣の衣を纏い、踊ることを自らの使命とする彼女、また一人この館に魅惑の娘がやってきました。

衣装「踊り子の羽衣」(セットデフォルト)


Copyright (C) 2006-2009 Fetish Room