ボンデージスーツ 2007.2.25 postscript
自作のボンデージスーツを紹介します。

とりあえず撮影可能なものをアップしていきます。新しいものを順次加えていきます。
ある程度そろったところでタイプ別に整理し直す予定です。
なお、名称やタイプはマスターの独断と偏見に基づいていますので間違いなどがあった場合はご勘弁を・・・。

イメージをクリックすれば大きい写真が表示されます。戻るときは写真をクリックしてください

リクエストがあれば是非お聴かせください。新作の参考にさせていただきます。


ボディスーツ(10) [2007.2.25] and more

フロント&ヒップのボディスーツ。

アウトラインはそのままで、胸元とお腹の部分をくりぬいてチュールを張ってみた。合皮を使わずに革ベルトで形状を作り、そこに張った方が作りやすいかと思うが、フィット感はこちらの方が上。これも(9)同様に試作を何度も繰り返した作品。

ボディスーツ(9) [2007.2.25] and more

フロント&ヒップのボディスーツ。

今までのボディスーツとはアウトラインを変え、且つ胸元とお腹の部分をくりぬいてオーガンジーを張ってみた。くりぬきの形状と周りをハトメで止めたのでやや弱い感じもするが、このサイズでの修飾はこの辺が限界か・・。オーガンジーに皺がよるため、試作を何度も繰り返してようやくここまで出来た。

ビスチェ&スカート(2) [2007.2.6] and more

去年公開したビスチェ&スカートのモディファイ。肩ひも式は始めてのデザイン。

スカートはサイド編み込みに変えてみた。前回の物より横からの見た目はかなり違って、よりセクシーになった?
肩ひも式のデザインは、背中側が綺麗に出る。なお、チョーカーは別部品。

ビスチェ&パンツ [2007.2.6] and more

去年公開したビスチェ&スカートのモディファイ。パンツははじめて作ってみた。

ビスチェは下のラインを変更し、パンツは型紙からはじめておこした物。どういう止め方が良いか迷ったが、結局前開き編み込みになった。履かせるときちょっときついが、見た目は非常にセクシーw

ガーターベルトビスチェ(2) [2007.1.29] and more

以前作ったガーターベルトビスチェの色違い。

補強&形状維持のために裏打ちを増やしたのはボディスーツ(7)同様。ただし、フィット感を損なわないように最低限にとどめた。
この形状は単調になりがちなビスチェの装飾性をあげて、且つ他との組み合わせも出来るのでお気に入りの一つ。

ボディスーツ(8) [2007.1.29] and more

フロント&ヒップのボディスーツ。

ボディスーツ(3)の改変で、補強と形状維持のために裏打ちを多くし且つ編み上げを増やした。基本的デザインに変更はないが、生地が厚くなった分着せやすくなった。また、再度も3点留めにしたのでフィット感は上がっている。

ボディスーツ(7) [2007.1.13] and more

フロント&バックのボディスーツ。

ボディスーツ(2)の色違いで、形状はまったく同じ。
ゴールドビスチェに使った素材とは異なる、ボディスーツシリーズの薄手のゴールド素材を入手したので、これを使用した。
色のためか、モデルが長女のためか、四色の中ではもっともゴージャスな雰囲気を醸し出している。金と黒の組み合わせは成金趣味的でもあるのだが・・・w

ボディスーツ(6) [2007.1.13] and more

フロント&バックのボディスーツ。

ボディスーツ(2)の色違いで、形状はまったく同じ。
サイドカットの足カバーの型紙をさらに変更してみた。シリーズではそれぞれ良さがあって、これと決められないのでバージョン違いと考えることにしたw。(3)と同じくラインは黒とし、メリハリを撮ってみた。


ボディスーツ(5) [2007.1.13] and more

フロント&バックのボディスーツ。

ボディスーツ(2)の色違いで、形状はまったく同じ。
サイドカットの足カバーの型紙をやや変更したが、脚線にはなかなか合わずもう少し修正が必要な気もする。ラインを黒と白で張ってみたが、黒だと全体のメリハリがないので白に決めた。
赤に比べるとボディとの対比は落ち着いた感じ。金属部をシルバーにしたからか?
ボディスーツ(4) [2007.1.2] and more

最初のボディスーツの色違い。ラインは黒にしてみた。
補強を当てる変わりにサイドを織り込み、布端の処理と同時に強度を出してみたが、曲線を出すのが難しく試行錯誤・・・、ようやくこの辺まで来た。
構造的にはボディスーツと同じ。
なお、腕カバーと足カバーはミシン導入の習作で、何本か作ったうちのできのいいものを着せている。もっと練習しなくちゃ・・・w

Vラインビスチェ(5) [2007.1.2] and more

Vラインビスチェ(1)の色違い。白の素材が手に入ったので、ピンクのレースと組み合わせてロリータ風ビスチェにしてみたが・・・。
レースが薄すぎたのでほとんどスカートになっていないというのはこの際つっこまないで・・・、白フリルと組み合わせて純白にするか、ピンクフリルを探してみるか、あるいは黒フリルと組み合わせてVラインビスチェ(1)の逆コーディネイトもおもしろそう。

ボディスーツ(3) [2007.1.2] and more

フロント&ヒップのボディスーツ。
バストを回り込むようにラインが回り、背中でクロスしてサイド&ヒップを絞めている。また、腹部には編み上げの飾りがありこれが独立している。
最初のボディスーツから型を起こしたが、素材が薄いので着せるのが難しいものとなってしまった。きちんと着るとボディラインが強調されとても綺麗なのだが・・

ボディスーツ(2) [2006.12.31] and more

フロント&バックのボディスーツ。
腹部サイドと背中は編み上げとなっている。また、ヒップはOバックで・・・がばっちりw。
今回は特別に腕カバー&サイドカットの足カバーも作ってみた。ハトメの使用量が尋常ではなく、また着せるのも大変になってしまった。でも、その分全体のコーディネイトがよくお気に入りの一枚となった。
今年最後の一枚である。

ゴールドビスチェ [2006.12.25] and more

Vラインビスチェの色違い。実にゴージャスと言うか成金趣味というか・・・、金があったら金箔で作ってみたいw

ビスチェ部分はもちろん、金具、ライン、果てはスカートの縁取りまで金金金・・・。さらに、パンティも金縁取りのリボンで作ってみた。
ビスチェ部分は、本革に金メッキをした素材なのでやや厚くフィット感は今ひとつだが、豪華さが全てに勝る一品、クリスマス向き?w

ガーターベルトビスチェ [2006.12.22] and more

ビスチェの新しいデザイン。ボディスーツ同様薄い素材でできている。

フロント部のラインとリングは飾りで後ろで絞めるタイプ。ガーターベルトが兼用できるようにチェーン&フックがついている。フックはピアス用の金具を転用しているので、市販のガーターやオーバーニーソックスと組み合わせが可能で、作例も同じ。
形状が気に入ったので赤も作ってみる予定

ビスチェ&スカート [2006.12.19] and more

Vラインビスチェ(4)の素材を使って新しいデザインを起こしてみた。

ビスチェはビスチェ(1)と同型体だがスカートの替わりに周辺に革をつけてみた。この配色にあわせる感じで、サイドスリット有りのスカートをコーディネートしてみたがどうだろうか?
「スカート」と言うより、単なる「布」(革)という指摘は無しw・・・。もちろん、下は履いてないwww

Vラインビスチェ(4) [2006.12.17] and more

Vラインビスチェ(1)の色違い。ついに勢いで作ったレッド&ゴールドバージョン。レザーパンティまでレッド(^^;;

合皮ライクな赤素材を入手したので、まさに勢いで作った品。今までの素材に比べると薄手なので、金具を打つ場所は折り返しなどの補強を行った。フィット感は今までの物よりよく、ボディラインにピッタリ来る。ボディスーツなども是非作ってみたくなる素材・・・・

Vラインビスチェ(3) [2006.12.17] and more

Vラインビスチェ(1)の色違い。ブラック&ゴールドバージョン。さらにレザーパンティは白d(^^)

(3)が思ったより写真映えするので、勢いで作ってみた。また、今までなかった白の革ひもが入荷していたので即ゲット、とりあえず作ってみた。
黒いスカートから透けるのは白い方がよりはっきりする。赤のレザーパンティとの組み合わせとはまた違った魅力がある。

Vラインビスチェ(2) [2006.12.17] and more

Vラインビスチェ(1)の色違い。ラインとスカート部を赤に、さらに金具をゴールドに変更してみた。

黒単体や白黒のモノトーンの時は、ハトメや飾り、チェーンなどはシルバーの方が好みだが、黒赤の場合はゴールドにするとゴージャスな感じ(w)になって、それなりに魅力的。ただ、金具の入手性がよくなく、価格も高いことからたくさんは作れなさそう・・・

Vラインビスチェ(1) [2006.12.17] and more

シースルースカート付きのリアオープンビスチェ。アンダーラインをV字に切って見た。番号が増えるのもなんなので「Vラインビスチェ」と命名w

スカートとラインの色は白で統一で、ビスチェ(1)と同じ。V字に切ったことで、スカートの取り付けがやや難しくなったが正面からのラインはこちらの方が好み。レザーパンティは黒にしてみた。
色違いバージョンを何点か作成。。

ボディスーツ [2006.12.9] and more

フロント部のみのボディスーツ。
非常に薄い素材でできているため、そのままでははとめが打てないので、裏に革を当てて補強している。一体感は最高で、ボディラインがそのままでてくる。Vゾーンからのラインを背中に回し編み上げ、最後に首元を通して止める構造。
腕カバーとあわせると最高に映える。

スパイダー(3) [2006.12.9] and more

L胸用のスパイダー。
バストをくるむ円状のベルトをセンターでつないであり、そこから背中へ第一のベルトがでている。バストに引っかけるので、L胸でないと装着は難しいw。。
腹部のリングを中心に四方にラインを出し、Vゾーンを通るベルトの末端のリングに背中へのベルトを通して締め付ける構造。

ビスチェ(4) [2006.12.9] and more

ビスチェ(3)のバリエーション。フロント部を詰めた他は変わりはない。これもそれなりの良さがある。
ラインはツインクロスに通してあり、締め付ける感じを強調している。実は、こちらの方が(3)より先にできたもので、その失敗の過程で(3)のデザインを起こした。。
パンティは新作でアクセサリーで紹介。

ビスチェ(3) [2006.12.6] and more

シースルースカート付きのフロントオープンビスチェ。全体を黒で統一した。
白い腹部に走るラインを強調しようと思って、わざとフロント部をやや開き気味にしてみた。また、あえて背中にはなにも細工を入れず、シンプルにしてみたがどうだろうか?
パンティはアクセサリーで紹介。

ビスチェ(2) [2006.12.6] and more

シースルースカート付きのリアオープンビスチェ。
スカートとラインの色は赤で統一。ビスチェ(1)の色違い。
こちらには黒のレザーパンツをはかせてみた。
バストトップを隠しているのは「アクセサリー」で紹介した極小のブラ。カップの細工が細かくて、すぐに切れてしまいそう・・・、繊細でいいのだけれど

ビスチェ(1) [2006.12.6] and more

シースルースカート付きのリアオープンビスチェ。
スカートとラインの色は白で統一。別に赤バージョンも作ってみた。
ビスチェには布が裏打ちされた革を使い、色写りを最小限にとどめるように工夫したつもりだが、やはり濃色系はむずかしい。
ノーパンよりも、このようなレザーパンツをはかせた方がシースルーが生きるので雰囲気的には好み。w

スパイダー(1)

M胸用のスパイダー。胸の谷間のリングから放射状にのびたベルトが蜘蛛の巣を思わせる。L胸の谷間ではこうはいかなくて・・
バックはシンプルでベルトがクロスに走っているだけ。装着時、首輪はヘッドをはずして、横のラインは調節はできるが腕をはずしつなげたままで通し、Vゾーンから来るラインと首輪からくるラインをつないで調整する。

スパイダー(2) and more

同じく、M胸用のスパイダー。上部パーツはアンダーバストに位置するリングから、六方位にベルトがのびている。Vゾーンのリング状になったTバックにつながっている。
サイドのリング間にチェーンを這わせ、飾りをVゾーンを中心に左右に配している。


チェーンドレス

革の加工技術を持つ前に作った、総チェ−ンのドレス。
素体に巻き付けるように作っていったので、マスター本人も着せ方がわからなくなることがしばしばあるという、知恵の輪のようなドレス。
ボンデージスーツとしては少々亜流w。



ando more

文字通り、「手」をモチーフにしたボンデージスーツ。「◆蒼◆のドールドレスルーム」様の作品からヒントを得たもの。
今回のサイト開設に当たり作成した最新作だが、まだ改良の余地が多く完成度は低い。白い肌に絵を描いたようで、ボディペイントの様相。
ボディに手を巻き付けて装着するのだが、少々変な気分にw。

ベスト

オーソドックスな胸空きベスト。
背中で止めるタイプだが、型紙の作成に異様に時間がかかったスーツ。
人体という3次元を紙という2次元に映すのがいかに大変かを知らしめたスーツ。





Copyright (C) 2006 Fetish Room