ビーチェの部屋 2012.3.20 postscript



いらっしゃいませ。

千年の悠久の時を生きる魔女、ベアトリーチェ、こちらはそんな彼女の妖しげな部屋です

ベアトリーチェとは、本来はイタリア語圏での女性の名前であり歴史上にも数多く存在します。この部屋でのベアトリーチェは「うみねこのなく頃に」に登場する「黄金の魔女」とも呼ばれる彼女です。しかしその実態は・・・
数奇な運命に操られた彼女、その最後の姿が黄金の魔女である彼女とされています。

HTドルパ京都8でDDとして生まれた彼女には、その設定にふさわしい「L寄せ胸」が与えられました。その造形と初のボディタイプと言うこともあってかなりの人気でしたが、アフターで幸運にもお迎えでき、そのまま当家に居座ることに^^;
ドレスの豪華さとそのデザインの再現性も素晴らしく、見るものを引きつける魅力があります。
更にアイに仕込まれた蝶の模様は、控えめながら存在感充分で、これまた彼女の魅力の一つとなっています。

お迎えから1年、そしてお披露目コンテンツに使った写真は半年前のものでご紹介がずっと遅れていましたがようやくの登場です。

なお、当家ではベアトリーチェの愛称である「ビーチェ(Bice)」を彼女の呼び名として使うことにしました。どうぞよろしくお願いいたします。


でわ、お好きな部屋へどうぞ。


黄金の魔女 降臨 2012.3.20

お迎えから一年、撮影から半年を経てようやくのお披露目です。
黄金の可輝きをまとっていながらどこか寂しげな感じの彼女、撮影ではそんな夕暮れの光をイメージしてみましたが・・・
同時にオプションドレスの制服姿も合わせてのお披露目です。

衣装「セットデフォルト、制服セット」(ボークス製)


Copyright (C) 2006-2012 Fetish Room